ABCレッスン

 

 

朝礼

ビジネスを始める以前の話
知らないとヤバいそもそも論

 

ABCレッスン
朝礼

 

この授業で使用したスライドのPDFはこちら

PDFのダウンロードはこちら

 

 

 

 

ABCレッスン補助教材

授業で説明のあった

▼「30分でわかる経済の仕組み」はこちらから視聴できます。▼

 

 

 

ネット世界の時給労働

 

 

この度はABCレッスンにご参加いただきありがとうございます。

今回はABCレッスンの導入編として「朝礼」を挟みました。

 

多くの人がネットビジネスに取り組むも途中で挫折して諦めていってしまう原因は、労働者よろしく

自分で作業をし続けないと稼ぎ続けられないビジネスモデルに取り組んでいるからです。

ネットビジネスでお金を稼ぎ、本当の意味で自由になって生活できるようになるには、

お金を得るための考え方を労働者から経営者にシフトしないといけません。

 

ちなみにこの話は業界では割と有名な話ですが、

ほとんどの人は聞き流しているだけで実際に自分の行動を変えようとはしません。

だからこそ今現在もブログや転売などの作業ベースのビジネスモデルに必死に取り組む人たちが多いという現実が広がってます。

 

お金の話はネットビジネスに限らず他のどんなジャンルでビジネスをするにしても、

知っておかなければいけないことのひとつです。

お金を扱う人間がお金の使い方、お金が生まれる仕組みを知らずに大成した話なんて聞いたことがありません。

 

ネットビジネスはビジネス業界全体でかなり参入者の増え方が大きくなっているビジネスジャンルらしいですが、

それと同時に離脱者もトップクラスで多いのが特徴です。

 

これは比較的参入障壁が低く主婦や学生、会社員など誰でも簡単に始められるビジネスだからこそ、

お金の本質を知らずに取り組む人が非常にたくさんいるということが原因だと思います。

 

 

授業内で話しましたが、お金の本質を知り、正しく活用できる人間は本当に賢く、強いです。

 

 

お金を自分を高めるために使える人間は、
自分に大量に投資し、成長のための出費を好んで行い、
「未来」を楽しく生きるためにひたすら変化にお金を使い続けます。

このような人たちは、一時的にお金が減るリスクを背負っても、1年後や2年後には減ったお金が数倍の額になって戻ってきます。

 

 

逆にお金を遊びや生活にしか使えない人間は、
自分の貯金が減っていくのを嫌がり、出費を惜しみ、
「今」を楽しく生きるためにひたすら現状維持にお金を使い続けます。
このような人たちは(遊びや生活以外のことで)一時的にお金が減るリスクを避け、1年後や2年後になっても少しも生活を改善できないまま人生に不満を抱えて一生を終えます。

 

 

 

今も昔もお金の流れる方向は変わりません。

 

▶ 頭の悪い人間から賢くお金を稼げる人間に流れる。

▶ 遊びに使う人間から自己研鑽に使う人間に流れる。

▶ 現状を維持する人間から変えようと必死になる人間に流れる。

 

 

ここで知った内容をしっかり理解していただければ、

この後に続く授業の内容もより深く学ぶことができると思います。

 

 

1時間目

ネットビジネス

自動でお金が生まれる仕組みを作る方法は?

ブロガーが労働者と変わらない理由

 

ABCレッスン
1時間目

 

 

この授業で使用したスライドのPDFはこちら

PDFのダウンロードはこちら

 

 

失敗率99%の

過酷なネットビジネスの世界

 


1時間目の授業に参加いただきありがとうございました。


ネットビジネスの世界は稼げる人と稼げない人との差が非常にはっきり現れます。
ある手法で大金を稼いで一時期大ブレイクしていた人が、
気が付けばネットビジネスの世界から姿を消して日銭を稼ぐバイト、肉体労働の日々を送っている、、、という体験談もあります。

 

 

この人たちが一発屋だったのはもう分かり切ったことです。
なので、それ以上指摘するのはその他大勢の群衆と同じなので止めましょう。
周りと同じように一発屋で脱落していった人間を笑うということは、自分が成功することにおいて何の成長にもならない無駄な行動です。

 

朝礼の時間にお話ししましたが、成功する人間は必ずどこかの部分で他の人とは違った視点を持っています。

周りがバカにしているだけなら、自分は考え方を変えて「どうして、この人たちは稼げなくなってしまったのか?」について考えていきましょう。

 

 

パソコン1台で大金を稼ぎ、誰もが羨むような生活を手にし豪華絢爛な人生を送っていた人たちが急に稼げなくなって大貧民まで墜ちていった理由。

これは、一時期稼いでいた人だけでなく、1円も稼げていない人にも共通するものです。
両者に共通する1つの理由がネットビジネスの業界を失敗率99%まで引き上げている最大の原因です。

 

ではその理由とは一体何なのか?

 

 

この理由は簡単です。
この人たちは継続できて安定して稼げる手法に取り組んでいないからです。

 

ある時はブログや転売などの作業系モデル。
「ネットビジネス=大量行動で稼ぐもの」という間違った認識を訂正できないまま、
一生作業し続けて稼ぐことしかできなくなります。

そして、それらの作業で積み上げてきた資産はすべて Googleや、転売プラットフォームの運営会社、SNS、Youtubeの運営会社の気まぐれで瓦解します。

 

 

またある時は詐欺ギリギリのグレーゾーンまで踏み込んだ悪質な商法。

時間の問題で販売者情報がネット上に拡散され、顔写真が晒され、3年とたたずに業界から永久追放される悪徳商法。

 

二度とネットビジネスで稼げなくなるリスクを知りつつも、目先の巨額の利益に目がくらみ、手を出す人は絶えません。

 

 

こういった一過性のビジネスモデルがネット業界に広く出回り、
稼げる可能性に釣られた人たちが次々と引っ掛かっているのが現状です。

 

 

恐ろしいのはこういった作業系、悪質系(表向きには見かけませんが)の手法が、
「ネットビジネス 稼ぐ」で検索したときに検索結果のほぼすべてを占めるくらい大量にあるということです。

この現象のせいで、認知度の高い手法ほど稼げないという恐怖のパラドックスが出来上がっています。

 

 

 

 

じゃあ、この状況から抜け出すためには何をしたらいいののか?

その答えが「仕組み化」です。

 

稼ぐために自分が行う作業は極限まで減らしましょう。
理想的な仕組み化はすべての作業をITツールに任せてしまえることです。

機械にすべての作業を任せてしまえれば、
自分が行う作業は無くなり、完全に作業から解放されて収益を得ることが可能になります。

 

 

働き者な社長は自分が仕組みの中に入って作業すればより仕組みを大きくできる、と考えていますが、
社長一人が参加しても拡大できる仕組みの規模の限界も見えています。
仕組みを拡大するだけであれば、ツールを買ったり、人を雇ったりすれば簡単にできてしまえます。

自分以外の存在に任せたほうが簡単に終わる作業を、わざわざ自分の手で行うことほど効率の悪い作業はありません。

 

そのうえ最悪なことは、自分がその仕組みの中に入り込んだことで、
自分の存在が仕組みを動かすうえで最も重要な歯車になってしまった状況です。
この状況に陥ってしまうと作業を止めた瞬間に、当然収益が止まります。

 

 

そうなってしまうと、収益を止めないための作業のために必死になり、
作業やネットビジネスのことで頭がいっぱいになってしまって「自由な人生を手にする」という目標からどんどん遠ざかってしまいます。

 

自由な人生を手にするための手段だったはずのネットビジネスに生活を奪われて、ネットビジネスで稼ぐことが目的になってしまっている、、、

 

こうならないために自分が仕組みの中に入らなくても自動で動き続けてくれる仕組みを実現できるビジネスモデルに取り組む必要があります。

 

では、そのビジネスモデルとは一体何なのか?

それについては2時間目でお話ししています。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

2時間目の授業でお会いしましょう。

 

▼特別授業▼
仕組みを作るメリット
仕組み化思考は誇張抜き一生もののスキル

 

 

 

▼特別授業▼
完璧を捨てて稼げる身体を作る
めんどくさいよセミナー

 

 

PDFのダウンロードはこちら